医療法人忠和会 平田歯科医院

平田歯科医院 倉敷市の歯科、インプラント、矯正歯科、審美歯科

〒713-8126 岡山県倉敷市玉島黒崎5588-1
電話番号086-528-3500

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

歯周病治療

歯周病

ブラッシングすると歯ぐきから血が出る・・・・
歯周病の可能性があります。歯を失う前に歯医者さんへ


現在、軽度の症状も含めると成人の約8割の人がかかっていると言われている歯周病。
しかし、最も歯周病患者が多い40~60歳代で歯周病を自覚していない人が6割前後もいるという調査結果もあります。
歯周病の初期段階は自覚症状が少なく、症状が出ている時点でかなり進行していることがあります。歯を失う原因の第1位と言われている歯周病。
単なる歯肉(歯ぐき)の炎症だと思わず、早めに受診して、適切な処置を受けましょう。

 

歯周病とは

歯周病は、初期段階での自覚症状がほとんどないため発見が遅れることが多く、気付いた時には手遅れになることもある危険な病気。その原因はプラーク。プラークに棲み付く歯周病菌が毒素を出し歯肉に炎症を起こし、次第に歯を支えている骨を溶かしていきます。放置すると最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病になると、その影響は口腔内にとどまりません。糖尿病や心臓病、肺炎、早産など、全身疾患を引き起こす可能性もあるとされているのです。

全ての人たちが健康で毎日を楽しく過ごせますよう、歯周病の正しい知識と予防法はもちろん、正しいお口のケアを身につけましょう。

 

あなたは歯周病にかかっていませんか?

【歯周病のセルフチェック】

この中で当てはまるものはありますか?
ひとつでもチェックが入れば、歯周病の可能性は捨てきれません!

□ 歯磨きの時、歯肉(ハグキ)から出血しますか?
□ 歯並びや噛みあわせが変わってきたような感じがしませんか?
□ 口臭が気になりますか?
□ 歯肉が減って歯と歯の間が離れているような感じがしますか?
□ 歯肉が腫れて赤くなっていませんか?
□ 歯肉から膿が出たりしていませんか?
□ 冷たいものがしみたりしませんか?
□ グラグラする歯はありませんか?

歯周病は自覚症状がほとんどない病気です。一番怖いのは、歯周病であることを軽視して放置しておくことです。歯周病は進行すれば進行するほど治療は困難になり、治療に必要な時間や費用が大きくなります。ひとつでも当てはまるものがあった人は、早めに受診して、適切な処置を受けましょう。

 

歯周病治療

当院での歯周病治療の紹介を致します。

1. SRP(スケーリング、ルートプレーニング)

SRPとは、軽度からの歯周炎に対し、麻酔下で行う治療。まずは、歯の根にこびり付いたプラークや歯石を除去する「スケーリング」という処置を行います。次に、ザラついた歯面を滑らかにする「ルートプレーニング」という処置で仕上げます。こうすることで歯面がツルツルになり、プラークの再付着が防げます。

2. 歯周外科治療(フラップ手術)

中等度歯周炎以上になった場合には、麻酔下で歯周外科治療を行います。歯ぐきを切開し、歯根にこびり付いたプラークや歯石、感染した歯肉などの組織も取り除きます。

3. 再生療法

歯周病によって壊された歯周組織(骨や歯肉)を、完全に元の健康な状態に戻すことは不可能とされています。しかし、近年の歯周病治療の進歩は目覚しいものがあり、再生することも可能になってきました。

エムドゲイン療法
エムドゲインとは、歯周病によって失った顎の骨を再生させる方法のひとつ。骨を再生したいところに「エムドゲイン・ゲル」という薬剤を注入して骨の再生を促します。骨の再生後、薬剤は吸収されますので、除去する必要はありません。
GTR法
歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)の欠損部を清掃し、メンブレンと呼ばれる人工膜を設置します。不要な歯肉が侵入しないように防御することで、メンブレンの下の歯周組織の再生を促します。再生したい歯周組織の量がある程度多い場合でも対応できるというメリットがあります。

 

早期治療・早期発見がカギ

歯周病は静かにいつの間にか進行し、最終的に歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気ですが、早めに適切な治療をすれば歯を失うのを防げます。

ただ、歯周病は治療が終了しても再発のしやすい病気。たとえ自覚症状がなくても、治療後もメンテナンスを続けることが重要です。セルフケアだけではなく、歯科医院での定期検診を受け、早期発見・早期治療することが再発を防ぐカギとなります。

 

予防歯科

自分の歯が一番。だから、予防で守ろう。

予防歯科の役割は、歯の病気を未然に防ぐこと、そして治療後の再発を防ぐこと。「歯が痛くもないのに歯医者に行くの?」という方は多いかもしれません。

しかし、治療を繰り返して機能を回復した歯と、治療されていない健康な歯とでは寿命が異なります。どんなに最先端の治療を施しても、本物の歯に勝るものはないのです。

歯が痛くなる前に予防処置を受ける――それはとても意味のあることです。これからは、予防のために歯科医院を利用するライフスタイルを推奨します。

 

虫歯や歯周病を繰り返すと?

虫歯や歯周病は、治療によって機能を回復できますが、何度も治療を重ねていくと、歯や歯周組織へダメージが蓄積してもろくなります。歯を失えば、残っている歯に負担がかかり、その歯ももろくなる……そういった悪循環では歯を失う可能性が高まり、身体的にも金銭的にも大きな負担となる場合があります。

せっかく時間やお金をかけてお口の健康を手に入れたのであれば、その状態を保てるよう歯の病気を未然に防ぐことが大切です。そのためにはセルフケアだけでなく、歯科医院での定期検診を利用しましょう。

 

予防歯科のメリット

早期発見・早期治療ができる

虫歯や歯周病は初期段階では自覚症状がありません。歯科医院で定期的に診てもらうことで、早期発見・早期治療が可能です。ダメージを最小限に抑えることで、自分の歯を残せる可能性は高まります。

虫歯や歯周病の予防ができる

どんなにきちんとブラッシングしていても、磨き残しはあるもの。定期検診で行うプロのクリーニングを利用することで、虫歯や歯周病の原因であるプラークを全て除去できます。

歯の表面の着色汚れが取れる

コーヒーや紅茶の茶渋、ワインの色素、タバコのヤニは歯を変色させ、普段のブラッシングでは除去できません。定期検診で行うプロのクリーニングを利用することで色素などを除去でき、一皮むけたように歯の表面がキレイにできます。

痛みがない施術で歯の健康を守れる

予防歯科で受ける施術はおもにクリーニングであるため、治療とは異なります。歯を削るわけではないので嫌な機械の音も痛みもありません。痛い思いをすることなくお口の健康を保てます。

 

予防処置

当院での予防処置の紹介を致します。

定期検診

定期検診では、口腔内の病気の有無やその兆候がないかを確認します。これを定期的に行うことで、たとえ悪いところがあっても早期発見・早期治療ができ、簡単な治療で済むのです。そのほか、プロのクリーニングで普段の磨き残しを一掃。歯の病気になりにくい口腔内環境を維持できます。

ブラッシング指導

ブラッシングなら教えてもらわなくても大丈夫、と思っていませんか? どんなに上手にブラッシングしているつもりでも、自己流のやり方ではいつも同じところに磨き残しが出てしまうものです。また、ブラッシング方法はいくつもあるため、歯の状態に合わせて使い分けなければ効果的な清掃はできません。当院では歯科衛生士が患者様一人ひとりのお口に適したブラッシング方法を指導いたします。

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士が特殊な機械を使い、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間など、お口のすみずみまでプラークを取り除く専門的なクリーニング。痛みをともなわず心地よい刺激で歯をキレイに磨き上げ、プラークが再付着しにくい状態をつくります。

3DS

虫歯の原因ミュータンス菌は、歯だけに付着して増殖します。その特性に着目した虫歯予防法が「3DS」。これは歯にだけ作用する薬剤を使ってミュータンス菌の除菌を可能にするシステムです。これにより、しばらくの間はお口の中のミュータンス菌が低減します。

 

定期的に予防歯科に通おう!

「虫歯や歯周病になったら歯医者に行けばいい」おそらくそう答える人が大半でしょう。しかし、歯は治療を重ねるとダメージを蓄積するため、将来的に失う確率が高くなります。予防処置を定期的に受けることによって歯の病気になりにくい状態を維持できるため、一生自分の歯で咬める可能性が高くなります。また、たとえ虫歯や歯周病になってもダメージが少なく済みます。

予防歯科では年に何度か通院が必要ですが、悪化した歯の病気をその都度治療するよりは、金銭的にも身体的にも負担を抑えられます。
美容院に行くように、予防歯科に通いませんか?